<< 愛するランディへ ☆譲渡に関しての条件☆ >>

抱え込むという事

去年暮れから、愛犬の死等で実は私が頭がパニクっていました。保護もその最中何頭かしました。
そして素敵な方へと、次々へと里親様も決まり、反面スムーズすぎるぐらいことが運びました。大変嬉しいことです。もちろん。

愛犬ベニーを亡くした思いは大きかったです。脳の病気になり、長く生きた方でも、、本当はもっと一緒にいたかった。多分、よくなるよ、と心の中で唱えていた。でもある日ばったりと息を引き取った。気づいているのかな?脳の病気でもう分からなかったかな?食べ物も無理やりすぎたかな?いろいろ考えますが、「ありがとう」というのがベニーへ送る一番大切な言葉なんだろうなと思います。
e0148229_182213.jpg

ひーくんや、えんじ(ジェイド)、ポッキー、もぐを可愛がってくれたね。ポッキーが逃げた時も一緒に行ったら即飛んできてくれたポッキー。皆にお兄ちゃんとして慕われていました。鬱陶しかったかな?ごめんね。もっと静かにしてあげてれば良かったね。でも感謝してます。

そんなこんなを乗り越えようとした矢先にウータン、ランディの死。乗り越えたくても乗り越えれない想い。年末はこんな私で許してください。
e0148229_18303857.jpg
やっぱこの姿見れない。ごめんなさい。ランディ。

ワンコたちも、その感情には気づくでしょう。最近はみんなカリカリしていました。一頭でも早く出してストレスをとってやりたい。そう思って気がやきもき、イライラしながら戦いながらのワンコの世話。

年を明けて思った事。周りが手をつないで、助けてくれているのが分かった。
遠方からやきもきしながら、フードや、シーツの援助をしてくださる方、預かろうかと言って、さっと手を差し出してくれる方。頼むことを恐れない。私が抱え込むことで、うちの娘、息子、テリー、ベニー、ランディ、パフゥが抱え込む。
e0148229_1833971.jpg


よく考えてみる。預かられた方も幸せか?預かった方に無理がないか?家族は楽しんで預かっているか?預かる意味もしっかり考え直そうと思っています。もちろん命を落とすならうちへとよく思っていた。シェアーしてある記事をみると心がいたんだ。預かったら助かるのに、、と。何度も何度も思ったし、見てしまうと、見てしまうと見捨てれない自分がいました。

e0148229_1845548.jpg


だけど家族の思いがある。もっと慎重にいかなくては。楽しく犬が預かって見たいという輪を作れたらな。飼えれないけど預かりたい。それも一つの啓蒙。一頭だけね。一頭でたらまた考えればいい。
ゆっくり楽しんで預かってくださる人が一人でも増えればなと思う。その子の心のリハビリ、運動、楽しい食事。それはやはり無理があってはできないことと良く勉強させてもらいました。

まずはもぐたん。暖かい家庭での第一歩がもうすぐそこだと信じています。どうかご協力ください。
[PR]
by tebera | 2014-01-11 18:38 | 動物愛護・迷子・犬
<< 愛するランディへ ☆譲渡に関しての条件☆ >>