<   2014年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ヒー君真剣に里親様募集します

 9月の投稿から大変ご無沙汰しました。家庭内でごたごたがありすぎてフェイスブックには簡単にあげれてもこちらはなかなかアップできない状態でした。そんな中、里親になってくださった方からのメール、フードのご支援(大阪 K様、Y様感謝いたします。)、ご相談を持ちかけていただいたり致しましたが、ろくな返事も対応もできずで申し訳ありませんでした。私事ですが、娘も4月から渡加し、息子のほうも新しい高校生活が始まったにもかかわらずいろんな思い、いろんな出来事が重なりこの度転入することとなったりで、家族中バタバタのし放題でした。ストレスはありましたが、息子の陸上に関してお世話になっていた整体の先生や、陸上を教えてくださっていた方からのアドバイス、気持ちを支えてくださった方々に感謝してやみません。この場をお借りしてお礼を申し上げます。しかし息子としてはどの言葉も、耳にしても響かない、感謝できない、心が落ち着かない、そんな何か月間だったようです。それでもサポートの手を差し伸べてくださった方には本当に感謝しています。感謝のできない状態では人も離れていきます。実際中学ぐらいになると思います。人にして頂いたことに感謝するどころか、文句を言い、減らず口をたたく。これは子供であっても許されることではありません。と、いうのもその子が損をしていくということです。うちの息子もそう。最後にいろんなコーチに話をしてみましたが、結局無視され(これも息子のことがよくわかっているという結果論です)ここまでやってきたんだろうけれど、どこへ行ってもこの態度では同じこと。私もアスリートとしてやっていく精神状態ではないと判断。精神的に強くへこたれない精神と好奇心の持ち主である必要があるし、なにごとも感謝し、 ポジティブであること。どう見ても今の彼にはそれはありませんでした。これからは私は先に先に手を出しません。彼が頭を打ってそこで自分で這い上がれるかですから。この決断は間違いではありません。二年後のインターハイはなくなりましたが、彼にとって、取り巻く方々にとって最善だったといえます。たくさんご迷惑もおかけしましたから。

 長々すみません。そんなこんなで、一段落したわけではありませんが、私の気持ちの区切りはできました。
 
 これからは今ある保護犬に家族を作ることにも専念していきます。うちの環境で楽しくやられていますが、ある時点から、緊急性のある保健所の子や山の子たちへのほうへと目が行き過ぎていていろいろ当たりましたが、うちの子達をまったくを出すことができませんでした。そういう子でないと里親が見つからないことはないと思いますし、保健所から直接でないので、医療行為も終わっています。
うちには二年前から保護犬後6頭もいます。どうか最後のあがきかもしれませんが、皆さんのお力をお貸しください。

来年はイベントも考えているので、今度は自分のためにやります。どうかよろしくお願いします。

まずはアカラスも落ち着いたひー君を真剣に家族を見つけます。応援のほどよろしくお願いします。
「ペットのお家」にも掲載しました。
e0148229_123299.jpg

e0148229_1231698.jpg

ハスキーの小さいバージョンのかわいい子です。怖がりですが、丁寧に接してくだされば慣れます。
[PR]
by tebera | 2014-12-25 12:03 | ☆ヒークンの候日記☆