<< エデンの巻 人馴れのお手伝い >>

シーザーミランから学ぶこと

ルナ。重度の怖がりからの克服。私は必ず克服できると思います。

シーザーミランとルナのトレーニング



いつかポルカを見て欲しいな、、、。日本に来ないかな?
e0148229_11351768.jpg


誰かのブログにいろいろ書かれていたことが素敵と思ってかいつまんで、掲載させてもらいます。
********************************************************************
番組の中でも、シーザーは、「私は犬をリハビリし、人をトレーニングします、私はDog Whisperer」 と言っていますが、

原題は、Dog Whisperer で、Whispererは「ささやく人」という意味の英語で、つまり、犬と話ができる人、という意味なんですよね。

The Horse Whisperer (馬と話ができる人という意味、邦題は「モンタナの風に抱かれて」) という映画もありますし、Ghost Whisperer (幽霊と話ができる人という意味、邦題は「ゴースト 〜天国からのささやき」)というドラマもあるくらい、Whispererは、実は、いろいろなところで見受けられます。

シーザーの冒頭のことば、
「私は犬をリハビリし、人をトレーニングします、私はDog Whisperer」 
(英語で言っています、日本語の字幕はちょっと違う。)

これは番組を象徴した言葉になっています。

本当は犬をトレーニングするのではなくて、人間をトレーニングするんですよね。

どういうことかというと、番組を見ていると、

犬は、飼い主のエネルギーに反応して行動を起こしているのがわかります。

攻撃的な犬も、支配的な犬も、不安で吠え続ける犬も、実は、飼い主から発せられるエネルギーに反応しての結果の姿なのです。

毎回、毎回、シーザーがいうのは、人が「穏やかで毅然と」していることが最も重要だということです。

シーザーの言葉には、人間本来あるべき姿、宇宙の真理のメッセージがひそかにたくさんちりばめられているんです。

たとえば、

「今を生きる」
犬は今を生きているので、過去にとらわれすぎているのは、人間だけ。 だから、過去の失敗にとらわれず、未来に不安を抱かず、今を生きる、今に集中しましょう、とよく言っています。
過去にひどいトラウマを負った犬でも、犬は基本的に今をいきる動物なので、リハビリをすれば、すぐに改善するのです。 人の方が過去の記憶にとらわれているので、それに犬は影響される、ということです。

e0148229_13295337.jpg

「ヘェ〜、、うん確かに、僕もそう思うわ〜。」

「よい未来を描く」
犬のリハビリのときに、飼い主さんが「また失敗したらどうしよう」「きっとまたうまくいかない」「自分たちだけでできるだろうか不安」といったときに、シーザーが毎回のごとく、「悪い結果を描いていれば、犬にもそれは伝わってしまいます。 僕はいつもリハビリが成功するイメージを描きながら犬に接しています。 だからうまくいくんです。 よい未来を描きながら犬に接してください。」と飼い主にアドバイスします。
e0148229_13322139.jpg

「私もそう思うわぁ〜。私は何も気にしないけど、、うふふ。」

 人はなかなか気づかないし、説明されないと理解しないけれど、犬はもう、人間のビジョンが見えているし、エネルギーを感じているんですよ。
e0148229_13333540.jpg

「そうで〜、俺らはえらいんで〜。」

(シーザーの番組とは関係ないですが、人間のオーラにメンタル体というのがあって、そこに描いているビジョンが映し出され、アストラル体には、感情が映し出されると言われていますが、犬にはそれが感じられ、見えている。)

「穏やかで毅然と」
飼い主が不安でいると、犬もそのエネルギーを感じ取って飼い主を護ろうとして、攻撃的になったり、あるいは、不安になってしまったりする。
シーザーが来るまで、トラブルつづきだった犬が、シーザーがリードを持つと、とたんに穏やかになってしまいます。 飼い主さんは「信じられない、こんな穏やかな姿は初めて見たわ」とよく驚いています。 でも、シーザーは、「シーザーが特別だから、シーザーだからできるんでしょ、とよく言われますが、人は皆できるんですよ。」とアドバイスします。
そうなんです、人は誰しも、素晴らしいリーダーになれるんですね。 穏やかで毅然としたエネルギーを保つと、犬は本来の素晴らしい姿を取り戻すのです。
シーザーがいうのは、「こうして、人や他の動物を襲うような犬はたいていの場合、処分をされてしまいますが、でも、問題は犬じゃなくて、かかわる人間のエネルギーが影響している。 だから、人が変われば、犬も変わるのです」と。
シーザーのそのアドバイスとリハビリとトレーニングによって、処分寸前だった犬たちが救われていき、多くの飼い主さんが「変わるべきは私たちのほうだったんです、処分にならなくて本当によかった」と番組で語っています。
e0148229_13351339.jpg

「そうそう、しっかりとしたリーダーだったらいうこときくわ(*^_^*)勉強してね」


(処分なんて、人間のエゴ・勝手な都合でしかないですけど、こういう事態をなくすためにも人が変わるべきですね。)

人はエネルギーのリーダーになり得るし、人類はそれを目指すべきだなぁと私は思いました。

Rie「なるほど、、、」


「犬は人の鏡」
これも、シーザーが番組で言った言葉です。
上で述べたのと同じですが、私たちが感じていること、思い描いていること、心の状態が、全部鏡のように犬に伝わる、ということ。 人の怒り、不安、苛立ちは、犬の態度にも現れます。 ところが、人が穏やかで勇気をもった毅然とした態度でいると、犬も穏やかな素晴らしい本来の姿を取り戻すのです。

犬のリハビリを通して、飼い主の心の持ち方、あり方、生き方も変わっていった人もたくさんいて、番組でも、「救われたのは、実は私たち人間の方でした」「ポジティブな考え方に変わったし、勇気が持てるようになりました、心から感謝しています」「自分のエネルギーの状態が犬に影響するので、自分自身が常に穏やかにいるようにこころがけるようになり、常に心は平和で、おかげで仕事もとてもうまくいっています」と述べている飼い主さんもいらっしゃいます。
パニック障害で外に出られなくなった人、自分に自信が持てなかった人など、シーザーのアドバイスに従って、犬とかかわっていくうちに、改善して人生が明るく幸せなものに好転した、など、そういうエピソードも番組で紹介されていました。
素晴らしいですね。

Rie「おおおおお、、、それは!私が変わらなければ!」



犬は・・・ そう・・ 人間の本来の素晴らしい姿を思い出させるために存在しているのですよね。

それから、また素晴らしいのは、穏やかな犬は、他の不安な落ち着かない犬のエネルギーをも変える力があるんです。
だから、シーザーのリハビリには、穏やかなワンちゃんがお手伝いをよくしています。

この番組を見てると、犬は飼い主のエネルギーを感じて行動起こしているのが歴然とわかるし、人間が状況のエネルギーをコントロールできるということを学ばされるし、
だから、Dog Whispererというタイトルが本当にぴったり。

Dog Whisperer

Cesar Millan's Official Site http://www.cesarsway.com/




お勉強になりましたぁ〜。感謝でございます。
[PR]
by tebera | 2014-01-06 11:35
<< エデンの巻 人馴れのお手伝い >>